「Free Person」=「自由人」ではない?英語での「自由人」の正しい表現とは。

スポンサーリンク

このブログを書いている私、ちゃは、「(心身の)自由を愛する人間」という意味で、「Free Person」という名前をブログに付けています。

ところが。
「Free Person」=「自由人」
……と言いたくなるのだけれど、正確にはそうではないようです。

日本語の「自由人」は、「自由に生きる人」「自由を愛する人」を意味することが多いはず。
ところが、この「自由人」を英語で表現すると、実はこうなるらしいのです。

自由人を英語にすると、Free personですか?それともFreedom personですか? 自由人=何ごとにも捉われない、の意味合いだとA (The) person in freedom かな、です。Freedom person 自由人とも取れますが、前後の文に拠ってまた単独だと 「自分勝手に自由の中にいる人」

英語母国語連合いの口癖・・・
I am a man in freedom.
I am the person loves freedom.
(中略)
内面は「自由人」てことでしょう。

※引用内の(中略)は、このブログの筆者によるものです。

私も、この回答を見て、「なるほど、確かにそうだよね!」と深くうなずきました。
「(心は)自由にある」=「in freedom」、意訳すると「自由に生きる」「自由であろうとする」という表現になります。
また、「自由を愛する」は、直訳すると「love freedom」です。
これらはまさに、日本語での「自由人」の意味するところ。

ところが、これが「free person」だと、

Free person は何もない人・何もすることない人、の
ニュアンスになってしまいます。
(仕事してない人、とか、彼(彼女)いない自由な人とかetc.)

ということになるらしいのです。
なるほど……
言語って、興味深くおもしろいと感じます。

私自身が意図している意味合いとして正しいのは、「I am the person loves freedom.」つまり、「(自由を愛する意味での)自由人」なのですが、ブログの独自ドメインを取得する際、これだと長いなあと感じたため、あえて「free person」で取得しました。

ということで、「私は自由人だ!」と感じている方、「free person」の使い方にはお気を付けくださいませ( ・ω・)ノ

0
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアはこちらからどうぞ。

フォロー・購読していただけるとうれしいです(^^)