スポンサーリンク

HSPの優越感?そもそも人の気質に優劣はありません。

考察

こんにちは。
減薬中に加え、軽く風邪を引きヘロヘロになっています(^p^)
皆様体調にお気をつけください……

さて今回は、HSPという「気質」についての本を読むたびに感じる違和感について書きます。

スポンサーリンク

「HSPは素晴らしい」?

最近、「HSP」=「Highly Sensitive Person」について書かれた本を書店で見かけることが多くなりました。
私が今までに読んだHSP関連本は以下の通りです。

これらの本を読んで不思議に感じるのは、どの本でも「HSPは悪いものではなく、むしろ素晴らしい気質なのです」という「HSPは素晴らしい」論が展開されているところ。

不思議なことに、「HSPは損している」といったマイナスな内容の本は見かけたことがありません。

かく言う私自身もHSPであると自覚している一人なのですが、「HSPって別に悪くもないけど、特別素晴らしくもないのではないかな」と思っています。

スポンサーリンク

HSPはお金がかかる。

HSPは「とても敏感な人」という意味ですが、それゆえにお金がかかることがけっこうあります(-_-;)

  • 触覚が敏感なため、衣類や寝具等を選ばざるを得ない
  • 日当たりの良さや静かな環境が必要なため、住む場所を選ばざるを得ない
  • 快適な環境を求めるため、光熱費がかかる

などなど。
これらは私の実例ですが、「いろいろこだわらないと快適に生きていけない。お金がかかるなあ……」と、面倒になることは多々あります。

「どこでも生きていける」「何を着ても気にならない」という人がうらやましくなることもあります。
こだわりを持たなければ、安いもので手っ取り早く済ませることが可能になる場合もたくさんあるので(お金に余裕のある人なら気にならないのかもしれませんが……)。

スポンサーリンク

「HSP本人によるHSP論」しか見当たらない現状。

また、上記の本を読んでもう一つ不思議に思うのが、「HSPであると自覚している本人による本」しか今のところ見当たらないという点。

以下、夫のトーノ君との会話です。

なんで、HSP以外の人による本がないのかなあ?

そりゃ、(HSPという感覚が)分からないからでしょ。

思わず、「なるほどな」と納得してしまったのであった。
でもやっぱり、HSP以外の人による本を読んでみたいと望んでいます。

というのも、HSPという「気質」は端から見てどんな感じなのか知ってみたいので。
もしかしたら、「あの人は快適な環境をやたらと求める。わがままだなあ」とか「疲れやすい人なんだなあ」とか、ポジティブでない意見も出てくるかもしれないじゃないですか。

でも、そんなものだと思います。
というのも、人を「HSP」「非HSP」とレッテル貼りすることにはほぼ意味がないと思うので。
つまり、HSPであろうとそうでなかろうと、その人はその人なのです。

スポンサーリンク

レッテル貼りのむなしさ。

前述したように、書店を見回してみると、HSPの本や精神疾患の本が増えたなあと感じます。
おそらく需要があるのでしょうし、出版社としても売れるから発売したいのでしょう。

ただ、これらの定義づけ(気質や精神疾患に名前を付けること)はある意味、自らや周りの人にレッテルを貼っていることと同義でもあると感じています。
自らにレッテルを貼っている場合、無意識のうちに自らを狭く定義づけして、息苦しさを呼び込むことにもなりかねない。

そうではなくて、「私はこんな人間だ。○○だったり△△だったり、いろいろある。周りの人もいろいろなところがある」と認識していれば、世の中にはいろいろな人がいて当たり前だと思えます。
(というか同じような人ばかりだと怖すぎる)

やたらに個性を吹聴しなくても、当たり前ですが人は皆違います。
そして人の気質に優劣はない。
だからこそ、「HSPは素晴らしい」という論調には疑問を感じてしまうのです。

HSPは特別ではありません。
人間のうちの一人です。

スポンサーリンク

私がHSPだとブログに明記する理由。

ではなぜ、私がブログに「私はHSPである」と明記しているのかというと、そちらの方が私自身の一部について説明しやすいからです。
私にはいろいろな面がありますが、「HSPである」と書いておけば、見知らぬ人に対し、ある程度の説明を省けます。
そのためだけに名乗っているようなものです。

私自身は、HSPは素晴らしいものだとも特別損するものだとも思っていません。
私は私であり、それ以上でもそれ以下でもないから。
ですので、ことさらに「私ってHSPなんだよ!」と強調するつもりはありません。

人は皆違うし、同じところもある。
そう思いながら、今日ものんびり(風邪でヘロヘロしながら)過ごしています。

ではでは。

2

コメント

タイトルとURLをコピーしました