スポンサーリンク

『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』 MX4D®版観てきました!臨場感たっぷり、音響良し!

音楽

こんにちは。

11月の中頃、夫のトーノ君とともに、『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』 MX4D®版(以下、『サヨナラノツバサ』)を観てきました。
これがとても良かった!

公式サイトはこちら。

『マクロスF』10周年記念 『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』 MX4D®版11⽉9⽇(⾦)上映開始︕
『マクロスF』10周年を記念して『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』がMX4D®になって2018年11⽉9⽇(⾦)よりTOHOシネマズMX4D®各劇場にて上映決定!シェリル&ランカのLIVE、バルキリー対バジュラの戦闘を体感しよう!! ランカ・リー役 中島 愛 出演!TOHOシネマズ 新宿にて2018年11月11日...

常々、音楽が素晴らしいと感じてきた「サヨナラノツバサ」。
このたび劇場で公開されたバージョンを観てみると、MX4Dにより座席が動くので臨場感が増しており、音響はもちろん良くて、作品としての良さを再発見できました(^^)/

スポンサーリンク

まず注意点。体調不良の場合は避けた方が吉。

初っぱなから注意点なのですが、MX4Dは想像以上に座席が動きました。
揺れるだけでなく、ふわっと浮くような感じもあったりして、全編通してよく動きます。

そのため、体調が優れない方や、乗り物酔いしやすい方は特に注意が必要だと感じました。
実際、私も、体調が悪い日だったら鑑賞に耐えられなかったかもしれません(=ω=;)

「サヨナラノツバサ」では2時間近く座りっぱなしとなりますので、鑑賞の際にはくれぐれも体調にお気をつけくださいね。

ではでは以降、良かった点や、「正直ちょっとこれはどうかな?」と感じた点について書いていきます。

スポンサーリンク

良かった点。

映画館まで足を運んで良かったなあと感じる点としては、

  • 音響の素晴らしさ
  • 大画面で分かったさまざまな情報
  • 臨場感あふれる演出

などがあげられます。

音響が素晴らしい!

まず、音響の素晴らしさ。
これに関しては、自宅でのブルーレイ鑑賞では絶対に味わえない境地でした。
うちは外付けのスピーカーシステムを通して音を聞くのではなく、テレビそのものの音を聞いているため、音響には天と地ほどの差があります(^^;)

音楽が素晴らしい「サヨナラノツバサ」ですが、MX4Dで味わえたのはそれだけではありませんでした。

実は、登場人物のセリフや効果音も聞き取りやすくなっていて(劇場用に聞き取りやすく調整しているのかなと感じました)、ブルーレイを鑑賞しても気づかなかったセリフがあったり。
具体的には、ルカ君が海辺でお姉さんと会ったときのセリフが聞き取れまして、このとき初めてルカ君が女性をナンパしたのではなくお姉さんと会っていたことに気づきましたΣ(OωO )

もちろん、BGMや歌も聴き所です(^^)b
冒頭、シェリルさんのライブシーンから、音の良さに感動しましたもの……
そしてMX4D、ライブシーンでもよく動きました。
おかげさまでライブシーンの臨場感もたっぷり。

「サヨナラノツバサ」(歌名)を聴けー!

私は「マクロスF」テレビ版・劇場版を通して、「サヨナラノツバサ」(歌名)が最も好きです。
CD(netabare album)も何回聴いたか覚えていません。

もともと、今回の劇場版を観に行こうと思い立ったのは、ひとえに映画館の音響で「サヨナラノツバサ」(歌名)を聴けるがため。

そしてスマホゲーム「歌マクロス」で頑張るのは「サヨナラノツバサ」(歌名)が関連するイベントのみ。

歌マクロス スマホDeカルチャー

歌マクロス スマホDeカルチャー
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

そんな思い入れのある曲を暗い劇場の中で聴いたとき、涙があふれて止まらなかった(;_;)
バルキリーの迫力あるドッグファイトや、アルト君・ブレラお兄ちゃんの感情の動きと相まって、高揚感と申しますか、とにかくラストに向けての高まりがハンパない。
ここまでの高まりは、ある意味異常と言ってもおかしくないと思う。
きっとあのとき私は、どこかにトリップしていたのでしょう。

素晴らしい音楽と映像が合わさったとき、人はこんなにも心揺さぶられるのだなあと、7年前の上映時にもおそらく感じたのですが、今回はそれに勝るとも劣らない胸の痛み(『マクロスΔ』のレイナ曰く『ヒリヒリ、チクチク』)を堪能しました。
いや、ほんとにすごいわ、「サヨナラノツバサ」。
これだけの感情の揺さぶりを感じられた映画は、3●年間の人生の中でそれほど多くありません。
MX4Dは料金的にはかなり高いのですが(通常料金+1,200円)、映画館まで行って本当に良かった。

ちなみに、エンドロールの「dシュディスタb」を聴いたときも涙が止まらなかったです……
なんだろう、シェリルさんの生きてきた証や命の輝きを感じたからかな。
こんなふうに書くと大げさみたいですが、久しぶりに「サヨナラノツバサ」を映画館で観て、シェリルさんの歌声やうたう姿勢の素晴らしさに改めて感じ入ったのですよー(;_;)
歌姫シェリル・ノームの魅力って、本当にすごいのだなあと感じます。しみじみと。

大画面での情報量を体感せよ!

ブルーレイを鑑賞したときに気づかなかったこと、映画館の大画面で観て初めて気づけた点が意外とたくさんありました。

一つの例をあげますと。
ラスト近くに、バジュラの母星の外(宇宙空間)で戦闘がありました。
その後ジェフリー艦長がマクロスで波乗りをしますよね。

このあたりの流れが、実は、ブルーレイを見ただけでは分かっていなかった私Σ(OωO )

「宇宙空間で戦う→バジュラの母星内部に突入→フロンティア艦の中でシェリルさんたちを救出→バジュラ母星の中での戦い」という流れが理解できていなかったのです(゜Д゜)エエー!
……私はそれまで、何を見ていたのですかね?(・ω・)

というくらい、基本の基本を理解することができた今回のMX4D。
観に行って良かった……

他にも細々(こまごま)とした気づきがあったのですが、残念ながら忘却のかなたへ去ってしまいました。
「知りたい! 」という方は劇場へどうぞ(笑)

臨場感あふれる演出、座席だけじゃないよ!

前述しましたが、MX4Dで座席が揺れるのは戦闘シーンだけではありません。
ライブシーンで動きますし、細かなシーンでもよく動きました。

まあとにかくすごいのはバルキリーの戦闘シーン。
これは、実際にご覧になることをおすすめします。
自宅鑑賞では決して味わえない感覚でした。
すごく良かった。

そして演出は座席にとどまらない。
圧縮された空気がプシュッと噴出されたり、ライブシーンで画面外側の照明がまたたいたりします。
ときにはふくらはぎあたりでうごめく気配も( ̄〜 ̄メ)ニヤリ
さまざまな演出を楽しめました(^^)b
MX4D初体験だったのですが、「確かにこれは楽しい、作品によってはかなり楽しめるね」と、トーノ君と盛り上がりましたよ♪

スポンサーリンク

「正直これはどうなのか」と思える点。

しかしそんな楽しいMX4Dにも、ちょっと残念なところはありました。
というのは、前述した空気音(プシュッ)がけっこう大きくて、下手すると映画の音を消しかねなかった(=ω=;)
この演出だけはどうにかならないかなと感じました。

また、私たちが観に行った映画館では、上映時間が夜だけでして……
帰り道が眠くてつらかったです(汗)

とはいえ、これらは欠点らしき欠点でもない気がします。
映画自体は素晴らしいものですし。

まとめ。「マクロスF」「サヨナラノツバサ」が好きな方は観に行ってきっと損なし!

今回、行く前は正直なところ10パーセントぐらい「お値段が高い……」と感じながら劇場へ足を運んだのですが、観終えた後はそんな思いはぶっ飛び、100パーセント「来て良かった!」に変わりました。

「『サヨナラノツバサ』はもう観たことがあるし……」
「『マクロスF』ってどんな作品?」
人によって思いはさまざまだと思います。

「マクロスF」に興味のある方。
「マクロスF」や「サヨナラノツバサ」が好きな方。
そんな方は、ぜひ映画館に観に行ってみてください。
きっと、あなたの想像を超えた感動が待っています。
ぜひご体感あれ。

ではでは!(^^)/

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました