うちは「繊細さん×非・繊細さん」夫婦。合うパートナーは人それぞれ。

スポンサーリンク

うちは、

  • 私:HSP(繊細さん)
  • 夫のトーノ君:通常の人(非・繊細さん)

の夫婦です。

以前読んだ武田友紀さんの『「繊細さん」の本』には、HSP=繊細さんのパートナーシップについても書かれていて、けっこう興味深かったです。

スポンサーリンク

非・繊細さんだからといって鈍いとは限らない。

前述の通り、私の旦那さんであるトーノ君は非・繊細さんです。
しかし、鈍いかというとそうではなく、私より鋭いときが度々ある。

  • 私が疲れているのを、私自身より早く察知したり。
  • 気遣いができたり。
  • 道ばたにある何気ないものを発見したり(私には見えていない)。
  • お肌が荒れやすかったり……(´ω`;)

トーノ君からの鋭い指摘を受けて、
「なんだこの人は、エスパーか!?Σ(OωO )」
とびっくりするときがしょっちゅうあります(笑)

そんなトーノ君と暮らしていると、「非・繊細さんだからといって鈍いとは全く限らないのだな」とつくづく実感させられます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

繊細さんである私自身は、意外と……

逆に、繊細さんである私が常に鋭いかというと、そうでもない。
けっこう、鈍いときもあります……( ̄▽ ̄;)

私が敏感になるのは、単純な音の刺激や肌ざわり、においといった感覚。
あとは音楽や絵画、文章などの表現系かな。
涙が出るほど心を動かされたりします。

しかし、人の気持ち、特に私自身に向けられる感謝の気持ちや喜んでもらえる気持ちには意外と(?)鈍かったりして、そんな自分に「なんて鈍いんだ……!」とあきれてしまったり。

HSPであっても、意外と、人の気持ちは分からない。
自分自身の気持ちも分からないときがあるほどなので、人の気持ちはそんなに簡単に「分かる」ものではないと常々感じています。
私が感じているのは、「○○ではないかな?」という感覚=推測であって、相手の気持ちを正確に理解しているわけではないのです。

ただし、世の中には、人の気持ちにすごく気づく繊細さんもいらっしゃるだろうなとも思います。
繊細さんの感覚もさまざま、人それぞれなので……
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「繊細さん×非・繊細さん」のパートナーシップも面白い。

もし、現在ご自身が繊細さんで、パートナーシップについて悩んでいる方がいらっしゃったら、私は、
「『繊細さん×非・繊細さん』のパートナーシップも面白いよ!」
と、声を大にして伝えたいです(^^)

非・繊細さんの皆が皆鈍いとは限りませんし、良い意味での「非・繊細さんと繊細さんは世界が違う」感覚を味わえたりもするので、私自身はトーノ君との生活が楽しくて仕方がない。

もちろん、「繊細さん×繊細さん」のパートナーシップも、温かなものだろうなと想像しています。

心地よいと感じられるパートナーシップは、人それぞれ。
自分自身が、「この人と一緒にいるとほっとするな、温かいな」と感じられる人を選んでみてくださいね。

ではでは♪(^^)/

0
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアはこちらからどうぞ。

フォロー・購読していただけるとうれしいです(^^)