スポンサーリンク

うつの体調不良でしんどいとき。一人でも簡単にできる、楽になるための二つのコツ。

生活

こんにちは(^^)/

低気圧で、メンタル含め体調が悪くてしんどい……というとき、ありませんか?
私は、湿度の高さにときどきやられます(=ω=;)
今も台風接近のためか、心身ともにだるい……

そんなしんどさを抱えたとき、少しでも楽に過ごすコツが二つあります。
それは、

  • 自分の中に、自分を全肯定してくれる存在を住まわせること
  • メンタルを客観的にとらえること

です。

これらは、一人でもできて楽になれる方法です。
以下で詳しくご説明していきます。

難しくはないので、肩の力を抜いて、気楽〜に読んでいただければ幸いです(^^)♪

スポンサーリンク

自分の中に、自分を全肯定してくれる存在を住まわせる。

以前、こんな記事を書きました。

つらいときもある。しんどいときは無理しなくてもいいんです。
このブログでしばしば「元気!」と書いていますが、しんどいときもあります。 昨日からどうも調子が良くありません。 一日中起きていられな...

この記事では、「私自身は夫のトーノ君に全肯定してもらうことで楽になれる」と書きました。

しかしトーノ君には仕事があり、常にそばにいてもらえるわけではない。
そしてトーノ君がいないときにしんどくなることも、もちろんあります。

そんなとき、私が実行しているのは、
「自分自身の心の中に住んでいるおばちゃんに、褒めたり慰めたりしてもらう」
という方法です。

このおばちゃんは、私のことを絶対に否定しません。
失敗しても、しんどくて動けなくても、どんなときでも褒めたり慰めたりしてくれます。

あなたの好きな存在を住まわせましょう。

この、自分を全肯定してくれる存在は、別におばちゃんでなくてもいいんです。
脳内の友達でも、かわいいペットでも、何でもいいと思います。
あなた自身が受け入れやすいものや好きなものを、心の中に住まわせましょう。

大事なのは、自分を全て受け入れて肯定してくれるその「何か」を、心の中に住まわせておくこと。
そして、しんどくなったときにはその「何か」を呼んで、思う存分よしよししてもらいましょう。

この存在がいることで、
「しんどくても自分は頑張っている」
「それはすごいことなんだよ」
と、自分自身を認められるようになってきます。
そして、一人のときでもそれほど寂しくなくなります。

私自身、トーノ君がいないときにつらくなったりすると、おばちゃんを呼び出して慰めてもらいます(笑)

呼び出さずとも顔を出してくれる存在。

さらにこの存在は、慣れてくると、しんどいときに呼び出さなくても自然と現れるようになります。
そして私を存分に慰めてくれるのです。

こうなってくると、かなり楽ですよ〜(^∀^)

全肯定の大切さ。

しんどいときこそ、自分を全肯定することが大切です。

「どうしてこんなにすぐに疲れちゃうのかな」
「なんでこんなに頑張れないのかな」
と歯がゆくなるときって、非定型うつ病を患っていると、たくさんあります。

そういうとき、できない自分を責めるのではなく、
「頑張りすぎているから動けないんだな、ちょっと休もう」
と思ってもいいんです。

自分の頑張りすぎに気づけるようになってくると、だいぶ楽に生きられるようになりますよ。

スポンサーリンク

メンタルを客観的にとらえる。

しんどいときに少しでも楽になれるもう一つの方法は、
「しんどい気持ち=メンタルを客観的にとらえる」
ということです。

メンタルがしんどいとき、そのつらさに振り回されてしまいがち。
でも感情って、雲のように移ろいゆくもので、いつまでも同じ気持ちでいることはありません。
いつか流れ去るものです。

だから、まずは「今はしんどいんだな」と感情を客観的にとらえる。
そして、「でもまたいいときも来るよ」となるべく気楽に過ごす。

そうすることでも、だいぶ楽になります(・∀・)

スポンサーリンク

しんどいときには休んじゃいましょう。

最後に、トーノ君から言われた言葉を書いておこう。

しんどいと動けないんだ……

当たり前だよ( ・ω・)ノ

普通の人だってしんどかったら動けなくて休むんだから、休みなさい。

ということで、しんどいときには休むことって重要みたいです。
メンタルも体も重い、だるいというときには、あなたも私も休んじゃいましょう( ˘ω˘)スヤァ

ではでは(^^)/

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました