【2019年】エックスサーバーにてcandycaneをインストール。失敗→成功しました。【随時、追記・訂正予定】

スポンサーリンク

こんにちは。
今回は、レンタルサーバーを変更した後初めてこの記事を書いています。
タイトルにも書きましたとおり、随時、追記や訂正を行っていきたいと思います。

2019年2月4日追記。
candycaneのインストールに成功しましたので、それに伴い大幅に書き直しや追記を行っています。

レンタルサーバーをMixHostからエックスサーバー変更しました(まだ試験運用中です本格的に運用開始しました)。
というのも、MixHostは表示速度が速いときは速いのですが、急にめちゃくちゃ遅くなることもあり、不安定な状態を経験しまして……
速いのはいいけれど、不安定なのは困る。
ということで、安定のエックスサーバー変更。

せっかくエックスサーバーに変えたのなら、candycaneを入れてみたいと思いまして。
現在すでに、Amazon Web Service(AWS)Redmineを入れて運用しているのですが、AWSの無料枠が今年切れてしまうので、代替的にcandycaneを使えたらと思っていました。

candycane・Redmineともに、プロジェクト管理のためのソフトウェアです。
どちらも基本的に無料で使えます(オープンソフトウェア)。
ただ、Redmineは一般的なレンタルサーバーにインストールして使うことができません。
技術的なことは私には説明できないのですが、「candycaneは、レンタルサーバーにRedmineをインストールして使いたい人向けのソフトウェアである」と理解していただければと思います。

そこでインストールを試すも、だめでした。
具体的には、サーバーエラーが出てしまう。(HTTP ERROR 500)
私は技術者でも何でもないので、原因と解決方法が分からないエラーはお手上げなのです。
ですので現在は、candycaneのインストールは見送り状態。
残念……
どなたか、心当たりのある方がいらっしゃいましたら、コメントなどでご意見いただけましたら幸いです。(図々しい!・笑)

2019年2月4日、インストールに成功しましたので以下追記します。

candycaneのインストール方法は、詳しくは以下のサイトに手順が載っています。
レンタルサーバーが異なっていても基本的な手順は同じです。

CandyCane - オープンソースのバグトラッキングシステム を開いて、Star me on GitHubを選択する。43秒インストール?っていったいどこからどこまでの時間なのだろうか…。おそらく、43秒で終わるのは5〜6のことだろう。いや、5〜6にいたっては10秒といっても良いかもしれない。 1.CandyCan...

candycaneをインストールする前に、エックスサーバーの「サーバーパネル」から、データベースを新しく作成しておきます。

私はエックスサーバーのドメイン(●●.xsrv.jp)にcandycaneをインストールすることにしました。

そしてここが肝心。
2019年2月現在、エックスサーバーでのPHPの標準バージョン(最初から設定されているバージョン)は7.2です。
このPHPバージョンを、5.6に変更します
「サーバーパネル」の「PHP Ver.切替」から、「●●.xsrv.jp」を「選択」し、バージョン「5.6.●●」を選んでください。

candycaneの公式サイトからzipファイルをダウンロードしてパソコン上で解凍し、解凍されたフォルダの名前を「candycane」に変更して、そのフォルダをエックスサーバーのドメインフォルダ(『●●.xsrv.jp』)内にある「public_html」フォルダ内にまるごとアップロードしました。

ファイルをアップロードする際に使うFTPソフトは、個人的に「FileZilla」が便利だと感じています。
高速かつアップロードの失敗が少ないので。

アップロードが済んだら、「http://●●.xsrv.jp/candycane/」をブラウザで開きます。
そうするとインストーラーが起動しました。
(サーバーエラー500は出ませんでした)
どうやら、PHPのバージョンが7以上だと、candycaneはインストール不可能なようです。

後は、先ほどご紹介したサイトに載っている手順を元に、インストールを進めて完了。
わーい!

ただし。
candycaneでは、ガントチャートは使えません。
探してみたところ表示も設定もないので怪しいと思っていましたが、以下のサイトに「(candycaneでは)ガントチャートは使えない」との旨明記されています。

私はそもそも、無料で制限なく使えるガントチャートソフトウェアを探していたので、candycaneでガントチャートが使えないのではインストールした意味がありません。
ですので、せっかくインストールしたcandycaneですが、結局のところ削除してしまいました。

ちなみにエックスサーバーには「ドメインの初期化」という機能が用意されています。
何回失敗してもその都度初期化をすれば良いので、気楽に(?)失敗できます(笑)

ではでは(^^;)

0
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ。

フォロー・購読していただけるとうれしいです(^^)